卒業旅行

2018年03月10日

仁川国際空港第2ターミナル!その2

こんにちは!


 

前回、仁川空港の第2ターミナルについて

紹介したのですが、

今回はその続きということで、

僕が実際に行ってみて

わかったことを中心に書きたいと思います。

 

まだパラリンピック期間ということで、

空港のいたるところでマスコットキャラクターの

スホランとバンダビが迎えてくれます!


IMG_5965
IMG_E5960
(ハイタッチの回数が表示されています笑)

まだパラリンピック期間ということで、

空港のいたるところでマスコットキャラクターの

スホランとバンダビが迎えてくれます!



IMG_5954
 

仁川国際空港第2ターミナルは、

まだ航空会社が少ないということもあり、

出発フロア、到着フロアともに目立った混雑は

見られませんでした

荷物検査場も空いているようでした。


IMG_5962

さらに第1ターミナル同様にカフェやフードコートなど

飲食店もたくさんあるのでとても便利に利用できると思います。


IMG_5974
IMG_5973
IMG_5971


日本語の案内図もあります。


IMG_5953

もちろんTAXリファンドのカウンターもあります。

日本語も対応しているようです。



また、地下1階はバスや鉄道の乗り場があるのですが、

バスターミナルのようにわかりやすい案内もあり、

バスのチケットも券売機で購入できるので、

ソウルやその他の地域へご旅行の際にも、

バスでの移動が簡単になったのではないでしょうか。



IMG_5949

5階に展望台がありますが屋内で

そんなにたくさんの飛行機は

見ることができませんでした



 

1は外国人が多く利用していて、

2は韓国人が多く利用しているような印象を受けました。

駐車場も第2はガラガラだったので、

これからお客さんがどれくらい増えていくのか気になるところです。

 

あと、第1ターミナルはレガシーの航空会社から

LCCの航空会社まで幅広く就航しているため

お客さんの雰囲気も様々ですが

2ターミナルはLCCは就航していないからなのか

個人的に少し高級感のあるお客さんが多かった印象を受けました。

もちろん学生もチラホラいました。

 


旅行は空港で始まり空港で終わりますよね!

出発前や到着時に少し空港を見て回るのも

良いのではないでしょうか!



では次のブログでお会いしましょう



shin__style at 16:59|PermalinkComments(0)

2018年03月06日

金浦空港からソウル市内へ!

こんにちは!

 

 

最近明洞やホンデなどでは日本人の学生の旅行客を多く見かけます。

春休みということで韓国に旅行する方も多いですよね。

皆さんは韓国に旅行する際、どのように予約しますか?

旅行会社の送迎付きのパックもありますが、

学生は、より安い送迎なしプランや、

航空券と宿泊場所を別々に予約することも多いと思います。

今回は送迎なしで韓国にいらっしゃる方向けに、

金浦空港の到着ロビーからソウルに向かう方法を紹介します。

 

まず、入国審査を終え、預けた荷物を受け取り外に出ると、

このような到着ロビーに出ます。

IMG_5660


ここには案内所や銀行、カフェ、ドーナツ屋などがあります。

もしお腹が空いてしまった場合は

2つ上の階に飲食店やフードコートもあります。

 

 

そして、ソウル市内に向かうために電車に乗ります。

(今回は空港鉄道を紹介します)

目印にするのはコレ!!!


IMG_5662

 


この看板の矢印のほうに進んでいきます。



IMG_5663
 

まず到着ロビーからエスカレーターで1つ下がり

先ほどの看板の矢印のほうに進むと動く歩道があります。

 
IMG_5664
IMG_5666

この長く続く動く歩道でひたすら進むと改札が出てきます。

この改札は地下鉄5号線の改札です。

5号線は「光化門」や「東大門歴史文化公園」まで直接行けますが

かなり時間がかかるので、「孔徳」での乗り換えをおすすめします。)

5号線の改札を過ぎ左に曲がるともう一つ改札が出てきます。

そこが空港鉄道9号線の改札です。

改札のある階が地下1階になります。

エスカレーターで下がり、

地下3階が、ソウル駅方面行きの空港鉄道(右)

と総合運動場行きの地下鉄9号線(左)です。

ちなみに地下4階は、仁川空港方面行きの空港鉄道(右)と

開花方面行きの地下鉄9号線(左)です。

 

ソウル市内へ行くには地下3階で空港鉄道に乗車します。

デジタルメディアシティ

ホンデ入口

孔徳

ソウル駅

の順に停車します。

新村市庁に行く方はホンデ入口で2号線に、

鍾路3に行く方は孔徳で5号線に、

梨泰院に行く方は孔徳で6号線に乗り換えです。

明洞に行く方はソウル駅で4号線に乗り換えです。

 

空港からソウル市内までは空港鉄道のほかに、バスもありますが

一番簡単で早く行けるのは空港鉄道なので、

韓国旅行が初めての方は空港鉄道を使ってみてくださいね!

 

 

<プチ情報>

帰りに金浦空港に向かう際は、空港鉄道の後方の車両に乗車するといいですよ!

金浦空港駅の構造がこのようになっています。


IMG_5667
 

なので、一番後方のエスカレーターを使うと

そのまままっすぐ上がることができます笑


では次のブログでお会いしましょう



shin__style at 16:06|PermalinkComments(0)

2018年02月23日

ソウルの玄関口!

こんにちは!!

 

今日は僕の友達が春休みということで
日本から旅行に来たので一緒に遊びました!

大学生の方は春休みになったのではないでしょうか?

春休みに海外旅行に行く方も多いのではないでしょうか?

海外旅行に行こう!と思ったときに、
韓国は距離も近く時差もなく値段も手ごろなので人気ですね。

今回は韓国ソウルの玄関口となる空港を紹介します。

 

ソウルに旅行する時の空港は、仁川国際空港金浦国際空港の2つがあります。

日本からの就航便が多いのは仁川空港ですが、
羽田空港と関西国際空港からは金浦空港にも飛んでいます。

羽田、関空を使う場合は断然、金浦空港がオススメです!!

その理由は、、、

①ソウル市内に近く移動時間の短縮ができる

仁川空港からソウル駅まで
空港鉄道(一般電車)を利用すると約
1時間かかるところ、
金浦空港からは約
25分で到着します。


②地下鉄にも乗れる

金浦空港には空港鉄道以外にも
地下鉄
5号線と9号線が通っています。
直接江南地域に向かう場合は
9号線で向かうこともできます。


③飛行機着陸後の待ち時間短縮ができる

金浦空港は仁川空港に比べて、就航便が少ないため、
飛行機を降りた後の入国審査の待ち時間が大幅に短縮できます。
仁川空港は乗り換えのお客さんも多いので
時間帯によっては、入国審査に長時間かかることもあります。

 

このように金浦空港はいろんな面で時短が可能なので、
滞在時間を少しでも長くしたい方にオススメです!

 

 

とは言っても、金浦便は羽田、関空からしかなく、
仁川便より若干値段が高くなってしまうのがネックですね。。。

ということで、また仁川空港についても紹介します!!

 


 

では次のブログでお会いしましょう



IMG_5076 - コピー (2)
今日食べたキムチチゲ笑




shin__style at 21:24|PermalinkComments(0)